黒酢の血圧低下効果について

黒酢の血圧低下効果について

 

黒酢は、日本では1975年に鹿児島県の会社が壺つくりの米酢をこう名づけて全国販売したのが初めと言われていますが、他にも玄米や大麦を原料として作ったものがあり、長期間かけた発酵または熟成によって色が褐色や黒褐色に着色した酢がこう呼ばれています。

 

この酢は長期間の発酵や熟成、原料となる玄米などを多く使うことでアミノ酸や有機酸、ビタミンやミネラル類をたっぷり含んでおり、酢酸も含まれていることが健康に役立つとされる理由になっています。

 

さて、この酢には、体内で血圧を上げる働きをするACE(アンジオテンシン変換酵素)を阻害する働きがあるとされており、そのために高血圧の人の状態改善に役立つ食品となっています。

 

ACEを阻害する働きを持つ薬は病院で処方されている降圧薬にもあるので、黒酢の血圧低下効果は薬と同じような仕組みで可能になっていると言えるでしょう。

 

この健康効果は、純米酢や穀物酢などの他の酢にもありますが、中でも黒酢が一番ACEを阻害する働きが強いことが研究でわかっています。

 

血圧が高いと動脈硬化が進んだり、心臓や脳などの臓器に負担がかかることになり、血管が詰まったり破れたりして脳卒中や心筋梗塞などの怖ろしい合併症を引き起こすことにもつながるので、普段から出来る健康法で改善しておきたいところです。

 

この酢なら薄めてそのまま飲んだり、料理に使ったりして日常的に摂取することが出来るので、普段の生活に取り入れやすいですし、他にも健康効果があるため、おすすめです。

 

それから、この酢によって血圧を下げて安定させる働きは高めの人に役立つもので、もともと正常な人や低めの人に害になるものではないので、安心して摂取出来るのもポイントです。

 

黒酢の他の健康効果としては、ダイエット効果や大腸がん抑制効果、抗酸化作用があると報告されている他、酢酸に血管を拡張して血液をサラサラにする効果があることと、動脈硬化の予防にも役立つアミノ酸が豊富に含まれていることから、血流改善効果にも優れているとされています。

 

血流が改善されると血管などへの負担が軽くなるため、生活習慣病の予防には最適な食品と考えられます。

 

近年では、この酢はドリンクやサプリメントなど様々な加工食品にもなっており、通信販売でも手に入れやすい食品となっているので、料理が苦手な人や酢の味が苦手な人でも摂りやすい形状の商品を選べるようになっています。

 

黒酢の力を生活に取り入れて、健康維持を図ってみてはいかがでしょうか。

 

海のブレア 浸透保湿化粧品は美容にいいと評判です。

 

海のブレア 浸透保湿化粧品の評判の秘密とは?

 

「海のブレア」は愛用者の方々から美容に良いと評判です。

 

保湿だけでなく、乾燥、くすみ、毛穴・・・

 

あらゆるお肌の悩みに適応するオールインワンクリームなのは海のブレアの特徴です。

 

保湿持続性と浸透スピードにこだわり、

 

肌の乾燥と保湿に本気で向かい合うスキンケアクリーム、

 

海のブレアを是非一度お試しください。