高血圧の人は要注意な網膜静脈閉塞の治療

高血圧の人は要注意な網膜静脈閉塞の治療

 

網膜静脈閉塞症は、目の中のスクリーンにあたる、神経の薄い層(網膜)に関係する静脈がつまってしまう病気です。網膜から使い終わった血液を集めて心臓に戻す大きな血管がつまると網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)となり、網膜の小さい静脈がつまると網膜分枝静脈閉塞症(もうまくぶんしじょうみゃくへいそくしょう)となります。

 

前者のほうが網膜の血流への影響が大きく、重症です。静脈は、すでに網膜に栄養や酸素を送り終わったあとの血液が流れているので、動脈がつまってしまうよりは影響が少ないのですが、それでも深刻な症状が現れます。田んぼから水を回収して川に排水するあぜ道がつまったと想像してみてください。行き場を失った水が田んぼに溢れ、田んぼは水浸しでぶくぶくにむくんでしまいますよね。それと同じで、網膜には行き場のない血液が溢れて眼底出血を起こし、網膜本体もむくんでしまいます。

 

影響を受けた部分の網膜は光を受け取る機能がうまくいかなくなり、暗く感じたり、視力が落ちたり、ゆがみを感じたりします。ただ、人間には目が二つありますので、片眼だけに網膜静脈閉塞症が起こっても、気づかないこともあります。人間ドックでの眼底検査や、コンタクトレンズを作りに行った眼科でたまたま網膜静脈閉塞を指摘されることもあるのです。網膜静脈閉塞の原因ですが、血が固まりやすいような要因があったり、動脈硬化があって動脈が静脈を押しつぶしてしまうような状態になると起こりやすくなります。

 

糖尿病や高血圧、高脂血症、心臓病がある中高年のほうがなりやすいですが、ピルを飲んでいたり、喫煙者だったり、膠原病と言われるような全身の病気があったりすると、若くてもなることがあります。診断は、眼科で散瞳(点眼薬を使ってひとみを開くこと)して眼底検査をするとすぐ分かります。血流をさらに詳しく調べるために、腕から黄色い薬を注射して眼底を撮影する、造影検査を行うこともあります。治療の時期や内容は検査結果や症状によって異なります。

 

網膜の中心部分のむくみが強い場合、抗VEGF薬と呼ばれる薬をごく少量、目の中に直接注射する手術をすることがあります。この治療は最近になって行われるようになったもので、薬代が高額で、何度も繰り返し注射する必要があることもありますが、よく効きます。また、ステロイド薬を目の外の壁ぞいに注射することもあります。

 

その他、レーザーや眼科手術、内科での高血圧や動脈硬化の治療をすることが必要になることもあります。網膜中心静脈閉塞症の場合、最悪の場合失明に至る病気です。早期に発見し、適切な治療を受けたいですね。

 

 

阿部敏之 サッカー ピンポイント・キック!プログラム

 

もし、あなたが、

 

「キックの飛距離アップ、恐ろしくボールが曲がる キック、ピンポイントのスルーパスの技術」

 

をお探しであれば、お役に立てます。

 

「ハーフウェーラインを越えるロングボールを蹴るには?」

 

「司令塔になりたい。でも思いどおりのところにパスが出せない」

 

といった悩みを持つ人は多くいます。

 

しかし、何が何でも上手くなりたいという一心でこんな練習をしていませんか?

 

自分の知識や経験から、こうだ!と決めつけて練習している。

 

監督やコーチに言われるがままの練習しかしていない。

 

練習に明確な目標設定がないまま練習している。

 

練習量が多ければ良いという考えで、練習時間だけは長い。

 

元日本代表MFの阿部敏之氏の練習方法、考え方を学んで、最短コースで上達してください!