食べる順番をかえるだけ?

食べる順番をかえるだけ?

現在40歳以上の3人に一人が糖尿病や予備軍といわれています。

 

糖尿病と高血圧は進行すると危ないです。

 

心筋梗塞、脳梗塞の原因です。

 

また、早期からしょくじと運動の対策が必要です。

 

食事制限というと、○○をひかえる

 

カロリーは○○以下

 

などと制約がおおいですよね。

 

そんな制約ばかりが苦手という人に、

 

食べる順番をかえるだけという手法を取り入れてみてください。

 

糖尿病患者

 

高血圧患者は

 

食事指導が浸透継続しにくいのです。

 

もっと手軽にできて、数値改善につながる方法は・・・

 

と模索した結果、食べる順番をかえる方法にたどり着いたのです。

 

 

実は食べる順番を変えるだけで、

 

インスリンの分泌を抑えてダイエット効果もあります。

 

1.野菜料理

 

2.たんぱく質

 

3.ご飯などの糖質

 

というじゅんばんで食べてください。

 

いつでもどこでも簡単にできますよね。

 

ほとんどの人が、食事改善を継続して、

 

ヘモグロビンA1Cが順調に下がったという報告が続出しています。

 

さらに肥満、血圧、脂質の値も改善。

 

わずか6ヶ月で様々な検査値がさがってきています。

 

この方法は学会でも取り上げられて注目されています。

 

では、なぜ食事の順番を変えただけで数値がよくなったのでしょうか?

 

インスリンの分泌が少なくて済んだからです。

 

インスリンは血中の糖分がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと

 

消費されずに残った糖分を脂肪細胞に運んで蓄えさせる働きがあります。

 

結果として、インスリンを押さえればダイエット効果にもなるのです。

 

悪玉コレステロールの値が気になる人におすすめの成分とサプリメント

血中の悪玉コレステロールが酸化した状態で増加すると、動脈硬化リスクが高まります。悪玉コレステロールの値を下げるには、運動をしたり食事内容を見直す必要があります。

 

食事内容の改善も必要ですが、悪玉コレステロールを下げるとされている成分や排泄を促す成分を摂取することも重要です。しかし、食事からだけでは十分な量の栄養を摂取するのは、なかなか難しい成分もあります。

 

食事だけでは足りない栄養素がある人は、サプリメントで栄養補給を行うようにしてみましょう。EPAとDHAは悪玉コレステロールを下げる働きがある脂肪酸として有名で、善玉コレステロールの値を高める働きもあります。

 

背の青い魚にDHAやEPAは豊富ですが、最近は食習慣の変化によって魚の消費量が減り、肉を食べる人が多くなっています。青魚が苦手な人など食事から摂取しにくい人は、サプリメントも利用するのも一つの方法です。

 

レシチンには血管に付着した悪玉コレステロールを取り除き、肝臓に悪玉コレステロールを運ぶ善玉コレステロールの値を高める働きがあることで知られています。

 

肝臓に戻った悪玉コレステロールは排泄処理されるので、血中の悪玉コレステロールの値は下がることになります。卵黄、大豆、白米などにレシチンは多く存在しており、サプリメントもよく使われています。必要な栄養を食事からでは摂取しにく場合には、サプリメントを利用すれば、手軽に不足分を補うことができるようになります。