薬なしで血圧を下げる方法をお伝えします。藤城式食事法

血圧下げるのに薬いらず?藤城式食事法

 

健康診断で血圧値が高く、高血圧と診断される方は、この時期多いですね。

 

血圧は140/90mmHgを超えると、高血圧と診断されます。

 

高血圧は脳梗塞、心筋梗塞の原因となる事がいわれています。

 

もしあなたが高血圧を改善したいなら、

 

藤城式食事法が断然オススメです。

 

もし、藤城式食事法で高血圧の勉強を始めたとしたら、

 

いつも医者から言われている高血圧治療の常識が覆されます。

 

つまり・・・。

 

藤城式食事法では薬を飲まずに血圧が下がります。

 

藤城式食事法でははじめてから3日で血圧が下がります。

 

藤城式食事法では無理な食事規制や運動も必要ありません。

 

血圧を下げるために病院でもらった薬を飲み続けなければならないと思っていませんか?そして、薬は一生飲み続けなければならないと思ってませんか?

 

しかしそんなことはありません。

 

実際に、藤代式の体験者は薬を飲まずに自宅で血圧値を下げているのです。

 

血圧を下げた方が元気に長生きできます。

 

これは多くのデータで証明されている事実です。そして、藤城式食事法の藤城先生は、高血圧改善には、運動も塩分制限も要らないと断言されています。

 

必要なのは、高血圧の知識と、血圧を下げるための少しのコツを知ること。

 

藤城式食事法ならば、薬を使わずに血圧は下がる

 

まずは、藤城式食事法で高血圧のことをもっと勉強してください!必ずや血圧でお悩みのあなたのお役に立てると思います。

 

120日で高血圧が改善されない場合、

 

全額返金という保証がついています。

 

 

藤城式

 

もろみ酢ダイエットと効果について ダイエットすると高血圧改善になります。

多くの女性が、健康的なダイエットと美肌の効果を期待して、もろみ酢を飲んでいると言われています。

 

もろみ酢を使ったダイエットは、痩身効果と、肌にいい効果以外にも、様々なメリットがあります。

 

もろみ酢は、疲れからの回復を早め、筋肉を強化し、血液中のコレステロールの値を整える効果があるといわれており、ダイエット以外にも重宝されています。

 

アミノ酸や、クエン酸をもろみ酢から摂取することによって、ダイエットに欠かせない、体内のカロリーをエネルギーとして消費する機能がアップします。

 

普段からもろみ酢を摂取することで、新陳代謝が高くなり、カロリーを使ってエネルギーに変えやすい体の状態になります。

 

クエン酸はもろみ酢に多い成分ですが、レモンや梅干しなどにも含まれている酸味の元になる成分であり、疲労からの回復を助ける作用を持っています。

 

クエン酸が疲れに対して効果があるのは、疲れた時に体内で生成されるクエン酸を分解する働きをクエン酸が助けてくれるからです。

 

定期検診を受けたところ、メタボ予備軍という診断をされて、運動の必要性を感じたという人もいます。メタボ対策として、ダイエットを開始したという人もいます。

 

日頃の運動不足がたたって、いざ運動をしようとしても体が動かない人もいます。

 

血中コレステロールを低く抑えるために運動を考えている人でも、時間の制約があったり、何をしていいか見当がつかないと思っている人もいます。

 

体重を減らしたいけれど何から手をつけていいかわからないという人には、もろみ酢でのダイエットがおすすめです。

ドクダミの高血圧・動脈硬化を予防する効果について

高血圧は生活習慣病と言われ、日本人の40代以上の多くの人が悩んでいます。血圧が高い状態が続くと、血管壁の弾力がなくなり硬くもろくなる動脈硬化が起こります。これらを放置しておくと、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳卒中などの命に係わる病気になる可能性があります。

 

ですから、病院で治療薬をもらって治療するのですが、これらを予防する効果の高いものとしてドクダミがあげられます。

 

ドクダミは、古くから民間薬として用いられ、お茶として飲まれてきました。様々な効果を持つところから「十薬」とも呼ばれています。

 

利尿効果が高いことが知られています。理由としては、ミネラル分であるカリウムが多く含まれていて腎臓の機能を高めるためと考えられています。利尿作用により体内の塩分調節がなされます。具体的には、カリウムが余分なナトリウムを排出してくれます。すると血圧が高くなることが抑えられます。

 

利尿作用は、ドクダミに含まれているフラボノイド、クエルシトリン、イソクエルシトリン、イソクエルセチンも持っています。

 

フラボノイド、クエルシトリン、イソクエルシトリンには毛細血管を強化する働きもあります。この働きにより、最低血圧が上昇することを防ぎます。血流をスムーズにする働きもあるため、循環器系の疾患を防ぐ作用もあります。

 

クエルシトリンは、高血圧治療時に使う降圧利尿剤と同じ作用を有し、また、毛細血管を拡張し強化します。クエルシトリン、イソクエルシトリンにより、血管は強固なものとなり、動脈硬化の予防と高血圧の予防に効果があると考えられます。

 

また、血圧が高くなると、血管が狭い状態となって、血液がドロドロの状態となっています。ドクダミの成分の中には、血液の流れをよくし、毒素を体内から排出する作用もあるため、血液がさらさらの状態になっていきます。血糖値を自然に下げる作用もあるため、ドロドロした血液がさらさらになるということもあります。血液がさらさらになると血流が良くなり、血圧の上昇を防ぐことができます。

 

血糖値を下げることは、糖尿病の予防にもなりますが、合併症である動脈硬化や高血圧をも防ぐことに繋がります。

 

薬で治療する前の血圧が高めで悩んでいる人や、動脈硬化が心配な人などは、ドクダミを煎じて飲むことを毎日続けることで、高血圧・動脈硬化の予防ができそうですね。加えて、日々の食生活を改善することや生活習慣の乱れを正すことも必要ですよ。

ノルバスクで血圧が下がりすぎた場合

 

ノルバスクはアムロジピンベシル酸塩を有効成分にした降圧剤のひとつで、高血圧や狭心症の治療に用いられる飲み薬です。高血圧は血管が収縮していたり、血液が凝固して循環が悪くなると、心臓が圧力を上げて押し流そうとする働きがあります。

 

この状態で血圧が一定の数値を超えると高血圧と呼び、血管に負担をかけて収縮性を失うと、血栓ができたり破れる原因となります。栄養素は血液に運ばれて様々な器官に送られますが、心臓に十分な栄養素が運ばれずにいると、胸が締め付けられるような痛みを感じることになりますが、これを狭心症と呼びます。

 

血管の収縮にはカルシウムが関与しており、血管平滑筋の細胞内にある受容体にカルシウムが流れることで血管が収縮して細くなると血液の循環が悪くなります。そのため、カルシウムの流入を防ぐことが高血圧の改善に繋がるとされ、ノルバスクではカルシウムが細胞内に流入するのを防ぐ働きがあります。

 

流入量が減った血管平滑筋は収縮するのをやめ、同時に血液の流れを良くするように拡張することで、血圧が徐々に低下するようになります。この働きからノルバスクはカルシウム拮抗薬と呼ばれ、副作用が少なく血中半減期が36時間と長いことから、高血圧の治療では第一選択となっています。

 

1日1回の服用で良く、飲み忘れが少ないのが特徴で、効果もすぐに現れる効果的な降圧剤です。治療薬として処方される場合は2.5mgからの服用となり、効果が見られなかった場合に限り、10mgまで適宜増減されるようになっています。医師の指導により正しく服用していれば、血圧が大きく低下することはありませんが、効果がないと感じて勝手な判断で多量に摂取すると、血圧が大きく下がりすぎてしまうことがあります。

 

多量に飲んで血圧が低下したからといって、いきなり倒れるなどの問題はないので心配はいりません。ただし、めまいや頭痛などが激しく出る場合もあるため、その日は動かずに部屋で大人しくしていると良いでしょう。特にノルバスクは長時間の作用型となるので、血圧低下への効き目も緩やかで安全性が高いので、安心して服用することができます。

 

いくら倒れないからといって激しい運動をすれば倒れることもあるので、無闇に体を動かすのだけは控えるようにします。逆に血圧が下がりすぎるのを心配して、自己判断で服用量を加減する人もいますが、高血圧の状態が続いてしまい、心肥大や腎障害を起こす患者がいるので注意しましょう。